福島城
 
別 名
所在地 群馬県渋川市白井
築城者 長尾景仲
築城年 永享年間(1429〜41)
廃城年 元和9年(1623)
現 状 農地
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 群馬県指定史跡
備 考
評 価
本丸 虎口の石垣
三の丸 空堀 二の丸 空堀 本丸 三日月堀
本丸 空堀 本丸 虎口 本丸 土塁
笹郭 外郭 櫓台
 
 友人と渋川市以北の城館探訪をした。5月下旬だったが夏を思わせるほどの暑さで、青々とした草原の緑が目に焼き付くような日だった。白井宿で軽い食事を取ったあと、近くにある白井城を訪れてみようということになった。
 室町時代に白井長尾氏の当主長尾景仲が築いたとされる。戦国時代に北条氏が版図を広げると越後へ逃亡した上杉憲政から関東管領職を譲り受けた上杉謙信が白井城を支配下とする。越後から関東へ侵出するには規模もうってつけの城郭だったことと思うが、その白井城も吾妻郡に侵攻を進める真田幸隆に攻略されている。北条氏滅亡後は徳川家康が譜代の家臣を配置したが、本多紀貞が死去すると無嗣断絶となり白井城はその歴史に幕を引いた。
 面積が広大すぎてほとんどが農地となっているが、郭のかたちと空堀ははっきり残っている。城を築くには理想的な地形で利根川と吾妻川の合流地点にある河岸段丘上に築かれている。本丸虎口は石垣が積まれているが、これは近世初頭に積まれたものだと思う。郭だけ歩いているとややもすれば間延びした印象を受けるが、巨大な城だけに土塁や空堀の規模が大きく迫力を感じる。白井長尾氏の居城として長く北毛地方に君臨しただけのことはあると思う。
JR上越線・吾妻線「渋川」下車 徒歩30分
2013/05/26 日本城郭大系/新人物往来社
群馬の古城/あかぎ出版