別 名 鷹之巣城
所在地 群馬県安中市板鼻
築城者 武田信玄
築城年 永禄年間(1558〜70)
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構 郭・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 板鼻城は西上州へ侵攻した武田信玄が築いて依田肥前守ら信濃先方衆に守らせたという。広々とした郭は兵を駐屯させることを意図したものと思う。開発が行なわれる前の航空写真では魅力的な縄張が残されている。
曲輪跡の塁壁 空堀 腰曲輪
腰曲輪 鷹之巣砦 小丸田砦
 安中駅から旧中山道に入り板鼻宿を目指した。宿場の北にある高台が板鼻城である。板鼻古城跡は古城住宅団地として開発され尽くしてしまい板鼻城も安中駅に近い高台という立地条件もあってほとんどが開発で失われていた。航空写真で見ても破壊されている印象しか受けないが地形図でその高低差を立体的に見ると多少は城としての地形が残っているように見える。
 少しでも何か残されていないかと自分で歩いて確かめてみたくなり古い縄張図を片手に訪れたが遺構は断片化され、残る部分もひどい藪となり堀跡ぐらいしかわからなかった。繰り返すが破壊される前の縄張をみるととても魅力的な城である。それが保存の手段も講じられないまま破壊されたことは残念に思う。南西に鷹之巣砦、東に小丸田砦が築かれているがどちらも地形以外に目ぼしい遺構はない。
JR信越本線「安中」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2016/01/06