福島城
 
別 名
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町国峰
築城者 小幡氏
築城年 仁治年間(1240〜42)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 甘楽町指定史跡
備 考
評 価
西尾根 郭
遠景 御殿平 竪堀
主郭 西尾根 堀切 石積
北尾根 堀切 北尾根 堀切 北尾根 郭
 
 遠いために行く機会がなかった国峰城だが、友人の誘いでようやく訪れることができた。誰に聞いても良い城という答えが返ってくるが、実際に訪れてみるとその通りだった。戦国時代の山城らしい荒々しさを残す遺構の連続に気分が高まった。岩盤を削り取る豪快な堀切とは逆に郭の削平はとても綺麗にされていたことが印象に残る。
 想像していたよりも城域は狭かったが随所に力が入っている印象を受けた。小幡氏は武田氏に従い諸国を転戦しているので、信州や駿河などの城も見ているはずであり、そこで培った経験と技術を国峰城に注いだように思う。この城はもう一度見てみたい。
上信電鉄「上州富岡」下車 徒歩1時間30分
2012/12/17 日本城郭大系/新人物往来社
中世城郭事典/新人物往来社
熊出没注意