別 名 原市城・稲荷城
所在地 群馬県安中市簗瀬
築城者
築城年
廃城年
現 状 城山稲荷神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 良好な遺構を残す簗瀬城の歴史は伝わっていない。地域的な勢力基盤を考えると安中氏の築いた城と思う。簗瀬城から少し歩くと武田信玄が陣を置いた八幡平城があるが簗瀬城も武田氏が進駐したときに接収されたのではないかと考えたい。
主郭跡の虎口 主郭跡の虎口 主郭跡の城山稲荷神社
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
 ずいぶん前に高校時代の友人と群馬県の城館を訪ねた。このときは車で移動したので一日に18城ぐらい回ることができた。真夏だったが雨が降り続く天候だったのでそれほど暑さを感じることはなかった。そのときに何気なく訪れた簗瀬城の遺構が印象に残っていたが、9年後に安中市の城を再訪することになり久しぶりにあの土塁が見たくなって立ち寄った。
 稲荷神社の北側に虎口があり土塁と空堀が歴然と残る。西側にも土塁は残っているが空堀は埋められて道路になっていた。稲荷神社のある主郭に限れば遺構は良好に残存しているが他の郭は宅地化により消滅しているようだった。城跡を歩いていると実感が湧かないが碓氷川方面から見上げると断崖上に築かれていたことがわかる。堀跡を埋めるイチョウの葉が目に眩しいほど美しかった。
JR信越本線「磯部」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/08/18・2016/11/25