福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市吉井町大沢
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
西尾根 堀切
遠景 土塁 主郭
主郭 堀切 堀切と土橋 石積
東尾根 堀切と土塁 羊の足跡 眺望
 
 上信越自動車道から長野方面へ向かう途中、車の窓から左側を見てしまう癖がある。牛伏山、八束山、朝日岳と美しい姿の山々が居並ぶように聳えている。吉井三山と呼ばれる三つの山はいずれも戦国時代に山城が築かれていた。
 一郷山城は車で登ることができるが代償として遺構はほとんどない。朝日岳にある天引城は直登して踏破した。八束山城だけが残ったが、途中にある浅間山を越える長い道程が億劫でずっと行かないままでいた。三つのうちひとつだけ行かないのも気になっていたので気温も下がった10月初旬に意を決して登ることにした。
 天気は雨予報だったがそれはいつものことで、この日のために用意したポンチョをリュックに詰めていた。雨対策は万全だったが、ありがたいことに午前中は日差しもあり雨具を使わずに済んだ。八束山へ登るには登山道を選択せねばならないが、少しでも距離を詰めたいと考えて険しい西側から挑むことにした。
 八束城の歴史はわかっていない。西上州には多胡羊太夫宗勝の英雄譚が伝わり、それによれば八束城は羊太夫の居城という。さすがに奈良時代を生きた人の城とは思えず、実際には山内上杉氏か国峰城の小幡氏が築いたということで落ち着くと思う。
 岩登りの山道はきつかった。幸いこの年は夏の天候不順でスズメバチが少なかった。この数日前に丹波の山城をいくつか登ったが、そこでもほとんどスズメバチには出会わなかった。難所に設置されたロープを頼りに高度と距離を稼ぐ。登山道の起点から1時間弱で城へ着いた。いきなり幅の広い堀切を見たときの感激は大きかった。西上州の山城にはたくさん登っているが、この規模の堀切はあまり記憶にない。
 まだ木が生い茂り眺望は遮られたが、十分すぎるぐらいの達成感を味わった。帰路は北尾根を下ったが堀切の先に羊の足跡と呼ばれる偶蹄類の足のかたちのような穴が開いた岩がある。羊太夫の足跡と伝わるその岩に腰を下ろして食事をした。ここからは木々がなく開けた眺望が楽しめる。
上信電鉄「吉井」下車 吉井バス「牛伏車庫」行で「忠霊塔前」下車 徒歩1時間
2017/10/06 中世吉井の城館跡/吉井町
熊出没注意