福島城
 
別 名
所在地 群馬県渋川市北橘町下箱田
築城者 箱田衆
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年
現 状 たちばなの郷城山
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 渋川市指定史跡
備 考
評 価
主郭 横堀
遠景 櫓台 帯郭
 
 友人と群馬県北部の城を訪ねたときに箱田城へ立ち寄った。城跡に温泉施設が建つが遺構はよく残り、虎口や櫓台には案内表示がある。戦国時代に箱田衆が築いたというので、土地の土豪たちがいざというときに立て籠もった城なのだろう。箱田地衆は木曽義仲に仕えた郎党の末裔を称する今井氏、高梨氏らで構成された地侍だが信憑性は低いと思う。
 遺構がよく残るのはありがたいが、温泉施設なのでカメラをぶら下げて茂みの中を歩き回るのは気が引けた。もちろん浴場は見えないようになっているが、駐車場や建物入口からは自分たちがよく見えてしまう。一人ならおそらく行かなかったと思う。
JR上越線「八木原」下車 徒歩30分
2013/05/26 日本城郭大系/新人物往来社
箱田城跡案内板