福島城
 
別 名
所在地 群馬県渋川市北橘町真壁
築城者 神谷氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 渋川市指定史跡
備 考
評 価
土塁
 
 友人と利根川沿いの城館探訪をしたのは夏を思わせるような日だった。JR上越線の八木原駅から東へ向かい利根川に架かる坂東橋を渡ると真壁城と箱田城が仲良く並んでいる。坂東橋の東詰から南下すれば箱田城、北上すれば真壁城へ行ける。
 桂昌寺という寺院が目印となり北西の丘が真壁城である。桂昌寺は真壁城主神谷氏の館跡で空堀が残っているらしいが、訪問したときにはそれを忘れて見過ごしている。真壁城の中心部は大きくはなく全体的に藪だったが、主郭を囲む土塁と空堀を確認することができた。
JR上越線「八木原」下車 徒歩30分
2013/05/26 日本城郭大系/新人物往来社
真壁城跡案内板