別 名 下山城
所在地 群馬県安中市郷原
築城者 菅沼定清
築城年 文禄2年(1593)
廃城年
現 状 海雲寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 徳川家康が関東へ入国したときに菅沼定清が居城としたことから菅沼城と呼ばれるが、それ以前から存在していた城であると思う。菅沼定清の在城期間は短く事跡もわからないが、海雲寺の境内に顕彰碑が建つところを見ると短いながらも善政を布いた人物らしい。
菅沼城 土塁 土塁
土塁 堀切 井戸跡
 かなり昔に磯部城と磯部温泉に訪れたことがある。近くに城跡がないかを確認したときに菅沼城が日本城郭大系に掲載されていたので立ち寄った。海雲寺の山門近くにすぐにそれとわかるような土塁と空堀があって驚いた記憶がある。
 久しぶりに安中城とその周辺の城を訪ねようと思い残雪を踏みしめながら菅沼城へも訪れてみた。以前はまったく見落としていた海雲寺を囲む土塁と空堀がとても綺麗に残っていたのが意外だった。外堀は道路となってかたちを今に伝えている。境内の奥まで入ると西側の堀切と井戸を見つけたが城跡は何度も来てみないとすべては見えてこないという勉強になった。
JR信越本線「磯部」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2005/12/29・2016/11/25