福島城
 
別 名
所在地 群馬県渋川市赤城町敷島
築城者 都丸氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 白井長尾氏に仕えた都丸氏の寄居と思われる。愛くるしい名前だが猫の子一匹歩いていなかった。猫というのは根古屋の転訛だろうが、山城である猫城の根古屋が猫寄居だと思う。上越線の敷島駅から程近い台地が寄居の跡だが、上越線と県道が台地を分断しているために遺構は何も残されていない。県道の東に残る台地上に小さなお堂があり畑を見守るように建つ供養塔に寄居の文字が刻まれていることを同行した友人が教えてくれた。ほとんど見るべきものがない寄居だったが、敷島駅前にある和菓子屋の饅頭が実に旨かった。特に竹を練り込んだ饅頭が珍しいので食べてみたが、さっぱりとした甘さとほんのりと香る竹の香が不思議な旨さだった。
上越線「敷島」下車 徒歩5分
2013/05/26・2018/11/26 日本城郭大系/新人物往来社
文化財関係資料集/赤城村教育委員会