福島城
 
別 名
所在地 群馬県桐生市広沢町
築城者 彦部信勝
築城年 永禄4年(1561)
廃城年
現 状 彦部家住宅
遺 構 家屋・門・郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 群馬県指定史跡
備 考
評 価
近景
長屋門 土塁と水堀 虎口
 
 五覧田城へ訪れた帰り道に訪ね歩いた桐生市街の城館廻りで最後に訪れたのが彦部氏屋敷だった。夕暮れ時に眺める豪族屋敷は風情がある。有料なので内部の見学はしなかったが、外から見るだけでも十分楽しめる。背後に手臼山砦があるが、地元の人が藪がひどく猪が多いというので登ることはあきらめた。
 彦部氏は足利尊氏に従い湊川の戦いで討死した彦部光高を祖とするという。その後も幕臣として足利氏に仕えた、戦国時代に関東へ下向した近衛前嗣は上杉謙信とともに桐生城へ入り同行者していた彦部信勝はそのまま桐生に留まりここに屋敷を構えて定住した。
東武鉄道桐生線「新桐生」下車
おりひめバス「桐生温泉湯らら」行で「広沢町五丁目集会所前」下車 徒歩45分
2014/10/26 日本城郭大系/新人物往来社
彦部家住宅案内板