福島城
 
別 名 深沢城・阿久沢城
所在地 群馬県桐生市黒保根町宿廻
築城者 阿久沢氏
築城年 建武年間(1334〜36)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 正圓寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 空堀
主郭 土塁 主郭 空堀 二の郭 土塁
二の郭 空堀 二の郭 空堀 腰郭
 
 五覧田城へ登ったあとは神梅城に立ち寄った。これだけ素晴らしい城跡があることは知らなかったので素直に感動した。余計な予備知識があるとせっかく訪ねても今ひとつに思えてしまうことがあるが、何も知らずに訪れると現地で感じる城跡の良さが倍増する。神梅城の遺構は雄弁にそれを物語ってくれた。
 主郭を囲む空堀に圧倒されてしまったほどで、これらを人の手で掘ったのだから大変な土木作業だったと思う。一部に破壊もあるのだろうが、比較的原型を保っている城だと思う。案内板も設置されているし城主の阿久沢氏が眠る墓所もある。この城を見られたことでとても幸せな時間を過ごせたと思っている。
わたらせ渓谷鉄道「本宿」下車 徒歩25分
2014/10/26 日本城郭大系/新人物往来社
熊出没注意