別 名
所在地 群馬県藤岡市東平井
築城者 山内上杉氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 関東管領山内上杉氏の居城である平井城を守るために築かれた砦のひとつである。城将の名前や逸話などは伝わらない。
 平井城跡公園から鮎川を隔てた畑の中に痕跡を留めていた。県道175号線が砦跡を貫くが県道西側の農地に鉤型の土塁が残る。遺構はこれだけだったが平地に築かれた名も無き砦の遺構がわずかでも残っているのは珍しい。このあたりは昔から首切場と呼ばれていたいわくつきの土地だったために開墾されず手つかずのまま残ったという。
JR八高線「藤岡」下車 上信バス「二千階段入口」行で「東平井公民館前」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/12/30