福島城
 
別 名 新田金山城・太田金山城
所在地 群馬県太田市金山町
築城者 岩松家純
築城年 文明元年(1469)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 金山自然公園
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 建物・石垣
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
大手虎口 石垣
遠景 南木戸虎口 石垣 西矢倉台 堀切
物見台下 虎口 物見台下 堀切 馬場曲輪
大堀切 月ノ池 三の丸
南曲輪 日ノ池 二の丸 堀切
本丸 石垣 眺望
 
 巨大な山城であり荘厳な雰囲気すら漂う。その石垣に覆い尽くされた姿は古代の神殿のようにも見える。大半の石垣は復元によるものだが、発掘調査の写真を見ると夥しい石垣が存在したことは確かで、関東の城郭史を覆すような山城である。
 二度訪れているが快晴に恵まれている。物見櫓から見下ろす風景はとても清々しい。登りやすい山で整備された遺構はとても見やすい。実城だけではなく坂中砦と西城を従えた要塞であり、周辺には支城が配置されている。新田氏の一族岩松氏が築いた山城だが、いつしか由良氏が居城と実権を奪い取り、その由良氏も北条氏に服属している。その間に上杉謙信が金山城へ攻めかかるが落城させることはできなかった。
 太田駅からは歩かねばならないが、途中にガイダンス施設があり金山城関係の資料も多数用意されていた。自然を楽しみながら山道を行くうちに石垣と出会ったり堀切を越えたりと退屈することがなかった。熊出没の看板はないが金山城周辺は猪が多いので少し怖かった。
東武伊勢崎線・桐生線・小泉線「太田」下車 徒歩50分
2006/11/18・2016/10/14 中世城郭事典/新人物往来社
日本城郭大系/新人物往来社
群馬の古城/あかぎ出版