別 名
所在地 群馬県藤岡市上日野
築城者 小柏重家
築城年 正平22年/貞治6年(1367)
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小柏氏は平重盛の末裔と称しているので平家の落人が上州の山間部へ逃れて土着したのだろう。信憑性のほどはわからないが小柏氏は早くから山に囲まれたこの地を開拓しており館跡も残り顕彰碑も建てられている。鼠喰城は南北朝時代の築城とされるが険しい山そのものを要害として取り立てているのはその時代の特徴にも合致する。とても戦国時代に小柏氏がこの城に籠り北条氏と戦ったとは思えないし、そういうことがあったとしても領民の逃げ込み城だったと思う。大勢力の北条氏にしてみれば取るに足りない小土豪の帰趨など関心も影響もなかったろう。
鼠喰城 登山道入口 登山道
曲輪跡 曲輪跡 鼠喰城からの眺望
 僕が登った山城の中でもっともきつい城だったと思う。登山道などはなくガレた岩場をひたすら登る。急傾斜と落石の危険との戦いが2時間ほど続いた。遺構がないことははじめから薄々わかっていたが今もなぜ登ったのか自問自答するときがある。
 比高差は400m近くあったと思う。伝承こそ残ってはいるものの果たしてこれが城と呼べるのかは疑問で、途中にやや開けた平場と山頂に猫の額ほどの郭があるだけだった。途中で振り返ったときの眺望だけは見事だったが山頂にはシロサマと呼ばれる小さな社があるだけだった。塩辛い達成感だけを手にして下山したわけだが、それからは少々の山城でも諦めなくなったので良い経験を積んだと思う。
公共交通機関なし
日本城郭大系/新人物往来社・藤岡市史
2009/04/18