福島城
 
別 名
所在地 群馬県太田市東今泉町
築城者 横瀬長繁
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と空堀
 
 今泉城の北東にある永福寺は由良氏の祖となる横瀬貞氏が起居した狸ヶ入館で横瀬氏とは縁の深い場所である。横瀬長繁が築いた今泉城は輪郭式の平城だったが、農地となり痕跡をたどるのは難しかった。じっくり歩いてみると畑と民家の境に土塁と空堀がある。太田市史に収録された今泉城の図面と照合するとここは主郭の東にあたる遺構だと思う。
東武伊勢崎線「韮川」下車 徒歩45分
2016/10/14 太田市史