福島城
 
別 名
所在地 群馬県太田市東金井町
築城者 横瀬貞氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 永福寺
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
水堀
 
 横瀬貞氏の居館跡と伝わる永福寺の境内に案内板などはなかった。貞氏は新田義宗の子として生まれて横瀬氏を継いだという。これについては横瀬氏が岩松氏から金山城を奪ったときに新田氏末裔を名乗ることで、下剋上を正当化しようとしたものと思う。
 永福寺は金山城の北東にあり航空写真を見ると方形居館が浮かび上がる。境内と墓地の間に土塁の痕跡が見られ、それを囲むようにして堀跡が残っている。周辺は緑が多く眼前に金山城が聳える気持ちの良い場所だった。
東武伊勢崎線「韮川」下車 徒歩45分
2016/10/14 日本城郭大系/新人物往来社