別 名 東日野金井城・天屋城
所在地 群馬県藤岡市高山
築城者 高山氏
築城年 永享年間(1429〜41)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 山内上杉氏に仕えた高山氏が築いた要害である。麓の百間築地砦と中腹の要害山城という2つの砦を従えた主峰は天屋城とも称される。上州の一土豪だった高山氏の独力によって築かれた端思えず、戦国時代に北条氏の傘下となった時代に大規模な改修が行われたような印象を受ける。百間築地砦は未完成のような状態の石垣が築かれているが、これも高山城の編年を語る上で欠かせない遺構だと思う。
高山城 百間築地砦の石積み 百間築地砦の空堀
案内板 馬出跡の石積み 要害山城の土塁
要害山城の堀切 要害山城の主郭跡 堀切
竪堀 腰曲輪 堀切
堀切 竪堀 尾根上の巨岩
 年末に友人たちと登った。仲間が案内役を務めてくれたおかげで登ることができたが単独ならとても無理だったと思う。麓の百間築地砦の石積みはほとんど崩壊しているが立派なものだった。馬出し跡にもまとまった石積みが見られるが、戦国時代末期まで改修が施されたという印象を受けた。高山城への明確な道はなく背丈より高い薄の中を身をかがめて抜けていった。小ぢんまりとした要害山城を抜けて気づくと尾根上に遺構が連なっていた。
 遺構があまりにも巨大すぎて画像では迫力が伝わらないが現地を歩くと圧倒される。岩から岩へ飛び移るような場所もあり楽しかった。細い尾根を利用した城なので堀切がこれでもかと続く。ゴルフ場に囲まれているので熊の心配はないが単独行は控えたほうが良いと思う。
JR八高線「藤岡」下車 藤岡市内バス「上平」行で「上新町」下車 徒歩45分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社・高山城跡案内板
2007/12/30