福島城
 
別 名 江田城
所在地 群馬県太田市新田上江田町
築城者 江田頼有
築城年 承元年間(1207〜10)
廃城年
現 状 新田荘史跡公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
主郭 空堀
主郭 空堀 主郭 主郭 土塁
主郭 土塁 主郭 土塁 柿沼屋敷 土塁
 
 友人と新田氏の故郷を訪ねたことがあった。郷土の英雄たちの居館跡には標柱や石碑などが建ち、わずかだが遺構が残る場所もあり、その日の探訪はとても充実していた。中でも江田氏の居館は素晴らしく鎌倉時代から戦国時代末期まで使われた平城がここまで見事に保存されているのを見て嬉しくなった。
 中心となる郭は国の文化財として保存されているが、副郭を成す屋敷群も土塁と堀がよく残されていることに驚いた。いずれも民家と農地になっているが、当時のかたちを容易に窺い知ることができるほどの遺構だった。これらを含めて末永く保存してもらいたい。
東武伊勢崎野線「太田」下車 太田市営バス「伊勢崎」行で「金井十字路」下車 徒歩15分
2009/09/21 日本城郭大系/新人物往来社
江田館跡案内板