別 名
所在地 群馬県渋川市白井
築城者 白井常忠
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 農地
遺 構 石積・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代に白井太郎常忠が築いたと伝わるが、実際は白井長尾氏の時代に白井城の里城として築かれたのではないかと思う。
土塁 土塁 石積み
 白井城の南に築かれた城だが今は農地や商業地となって遺構はほとんど残っていない。国道17号線のバイパス近くにあるので車なら容易に訪れることができるが、石碑も案内板もない殺風景な場所となっている。完全に破壊されたものと思っていたが、友人が古い航空写真と照合して確認した残存する土塁を案内してくれた。手前の低くなった土地は堀跡と思われ利根川の氾濫が運んだ河原石が土塁に埋め込まれている。
上越線・吾妻線「渋川」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2013/05/26・2018/12/10