福島城
 
別 名
所在地 群馬県太田市徳川町
築城者 得川義季
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 満徳寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 徳川家発祥の地は薄曇りで訪れる人もなくひっそりとしていた。世良田の東照宮から利根川沿いに東へ歩くと満徳寺と東照宮がある。東照宮の参道に得川義季館跡の石碑が建っている。遺構はなく東照宮の近くに新田義重夫妻のものと伝わる墓石が残るだけだった。江戸時代は徳川家が先祖代々の本貫地として大切にしており、周辺には今も三つ葉葵紋が至るところに見られる。
東武伊勢崎線「世良田」下車 徒歩30分
2009/09/21 日本城郭大系/新人物往来社