福島城
 
別 名
所在地 群馬県太田市安養寺町
築城者 新田義貞
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 明王院安養寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
明王院
 
 明王院安養寺は新田義貞が居館を構えた地と伝わる。新田氏の一族安養寺氏の居館とも考えられているが、義貞は安養寺殿と呼ばれていたのでその居館であった可能性は高いとされている。
 義貞が倒幕を掲げて挙兵したとき生品明神に集まった軍兵はわずかだった。安養寺の本尊である不動明王が山伏に姿を変えて、一夜のうちに越後へ赴き義貞の挙兵を触れ回ったという新田触不動の伝説が残る。安養寺には案内板があるだけで遺構は残っていないが、南西隅を国道がかすめているものの方形居館の面影は残っている。発掘調査では薬研堀が確認されており建物の柱穴も検出されている。
東武伊勢崎線「木崎」下車 徒歩30分
2009/09/21 明王院案内板