福島城
 
別 名
所在地 群馬県太田市世良田町
築城者 世良田頼氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 長楽寺
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
空堀
 
 長楽寺は新田氏一門の世良田氏が居館を構えた地と伝わる。徳川家康は江戸幕府を開いたときに新田氏の末裔を称したことから、長楽寺とその周辺は東照宮が造営されて幕府から神聖化された土地となった。世良田満義は南朝方として戦い信濃浪合で討死し次男政親が戦場から離脱して三河松平郷へと逃亡し松平氏の祖となったという。
 世良田氏館跡は美しく整備されている。手入れされた芝生に覆われた空堀は遺構なのかわからないが、境内にある古墳の上に得川義季の墓と新田一族の墓が並び藪に隠れて手が加わっていない空堀が残っている。
東武伊勢崎線「世良田」下車 徒歩15分
2009/09/21 世良田氏館跡案内板