福島城
 
別 名
所在地 群馬県太田市世良田町
築城者 新田義重
築城年 保元2年(1157)
廃城年
現 状 総持寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
総持寺
 
 新田氏の惣領新田義重の居館跡で総持寺に立派な石碑が建っている。源頼朝の挙兵に駆けつけるのが遅れた新田義重は頼朝の不興を買い、それが後の足利氏と新田氏の運命の分かれ目となっている。
 もう遺構は残っていないが、付近は新田氏に関連する遺跡が多くて楽しかった。総持寺の北に清泉寺があるが、ここに源義平のものと伝わる墓石がある。新田郡はやはり源氏一色の街である。
東武伊勢崎線「世良田」下車 徒歩15分
2009/09/21 日本城郭大系/新人物往来社