福島城
 
別 名 厩橋城
所在地 群馬県前橋市大手町
築城者 長野賢忠
築城年 延徳年間(1489〜92)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 群馬県庁
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 前橋市指定史跡
備 考
評 価
本丸 土塁
本丸 土塁 本丸子ノ門 土塁 車橋門 石垣
 
 北関東の要衝として激しい争奪戦が繰り広げられた名城も利根川の侵食と近代化によりほとんど原型が残っていない。治水技術が進んだ近代と違い利根川の暴れ川ぶりは凄まじく、前橋城も一度は廃城となっている。幕末に再建されたが間もなく明治維新を迎え歴史を閉じた。
 県庁が置かれたことで前橋城は破壊され尽くしているが、高崎城も同様でそこには微塵の郷土愛も感じられない。長野氏が武田信玄に滅ぼされたあとは絶えず侵略が繰り返されたこと、江戸時代になっても大名の入れ替わりが多かったことに原因があると思う。本丸の土塁を見るとさぞかし見事な城だったことが想像できるが、全体像を思い浮かべるには物足りない。
JR上越線「前橋」下車 関越交通バス「上野田」行で「県庁前」下車 徒歩1分
2003/06/27・2008/01/14 日本城郭大系/新人物往来社
群馬の古城/あかぎ出版