別 名
所在地 群馬県利根郡みなかみ町月夜野
築城者 沼田景久
築城年 明応元年(1492)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 みなかみ町指定史跡
評 価
 明応元年(1492)に沼田景久が沼田城の支城として小川城を築いた。客分として小川城に招かれていた小川可遊斎の活躍が案内板には事細かに記されていたが、どこまで本当なのかはわからない。やがて北条氏邦が大軍を率いて小川城を攻撃し可遊斎は越後へ敗走したとされる。寛永15年(1638)に真田信吉の次男信利が小川城跡に陣屋を構えたが、信利は若い頃から傲慢な性格で世継ぎ争いを不服として自らを松代藩主にするよう幕府へ訴え出るなど粗暴な振る舞いが多かった。沼田藩主になってからも幕府へ石高を多く届け出たために領民は重税を課せられ、彼らの直訴により沼田真田家は改易されてしまう。
小川城 二の丸跡の堀 真田伊賀守陣屋跡
本丸跡の空堀 本丸跡の空堀 本丸跡の土塁
本丸跡の土塁 笹曲輪跡 小川城からの眺望
 梅雨を迎えた頃にまとまった休みが入った。どこも蒸し暑く出かけるのが億劫な時期なので少しでも涼しい場所に行こうと上越新幹線を利用して上毛高原駅で降りた。高原とは名ばかりで特に涼しくもなかったが小雨模様で強い日差しがなかったことは幸いだった。とても新幹線の駅前とは思えないぐらい閑散とした上毛高原駅から歩いて5分ぐらいの場所に小川城がある。型式は忘れてしまったが駅前に展示されていた蒸気機関車を眺めつつ小川城へと歩いた。
 小川城は小さな城だが遺構は良く残っている。赤い幟が目立つので場所はすぐにわかった。城内を道路が貫通し二の丸は畑になっているが本丸を中心にして深い空堀が廻らされている。旅先に到着して最初の城がこれぐらい充実していると嬉しいもので鋭角に掘られた空堀は十分な見応えがあった。本丸は草に埋もれていたが設置された案内板に細かい字でびっしりと小川城の歴史が紹介されている。内容はかなりいい加減で北条氏がまだ河越城すら落としていない1524年に小川城を攻め落としたと書かれている。もともとは小川氏の居城であったが当主と家臣が反目し小川可遊斎という武将を招いて城主とした。可遊斎は名族赤松氏の出身というがこのあたりはもう物語の範疇である。案内板の歴史を信じると可遊斎は50年ほど小川城を守った計算になるから親子二代の事跡が混同されているのかもしれない。
 誰もいない城跡でのんびり過ごすのは気持ちがいい。歴史とはまったく関係ないが本丸跡で珍しいチョウを見つけた。オオムラサキかと見紛い追いかけてみたがなかなか追いつかない。半ばあきらめかけたときにチョウが草むらにとまった。写真を撮影して帰宅してから調べてみたところオオムラサキの親戚にあたるコムラサキというチョウだった。
JR上越新幹線「上毛高原」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版・小川城跡案内板
2008/06/19