別 名 天神山城
所在地 群馬県利根郡みなかみ町後閑
築城者 後閑氏
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 天文年間(1532〜55)に後閑氏が築いた明徳寺城は天正8年(1580)に真田昌幸の奇襲によって攻め落とされている。昌幸はこの城を足掛かりとして念願の沼田城を攻略した。上州を廻る真田氏と北条氏の間で繰り広げられた丁々発止の奪い合いはとても面白い。出典の多くは一級史料ではないが当時の武将たちが生き生きと描かれている。
明徳寺城 城址看板 庚申塔
曲輪跡 空堀 石積み
 名胡桃城から歩いて後閑駅まで移動する途中に明徳寺城への道標があったので立ち寄ってみた。わかりづらい場所だが何とか辿り着くことはできた。着いたはいいが6月中旬の山城は草が生い茂り倒木と蜘蛛の巣だらけで前へ進むこともできないほどだった。せっかく来たので少しだけ分け入ってはみたものの全貌を確かめようという気持ちにはなれなかった。
 台地を面として確保するのは昔も今も変わらない戦術なので明徳寺城は沼田を廻る攻防の中で重要だったことは想像できる。だからこそ明徳寺城の遺構を丹念に観察してみたいと思ったが何せこのひどい藪である。もっと寒い時期にこの城の全貌を見たいと思うが真冬になれば今度は豪雪に閉ざされてしまう。それ以前に沼田はあまりにも遠すぎる。
JR上越線「後閑」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・明徳寺城跡案内板
2008/06/19