別 名 鎌田城・天神城
所在地 群馬県利根郡昭和村森下
築城者 森下三河守
築城年 永禄年間(1558〜70)
廃城年
現 状 山林・宅地
遺 構 郭・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 昭和村指定史跡
評 価
 森下城は加藤丹波守の守った城だったが天正8年(1580)に真田昌幸が東上州へ進撃を開始したときに降伏したという。その2年後に今度は北条氏邦が大軍を率いて侵攻してきたために落城し丹波守は自刃して果てた。これらは加沢記が伝える記録に拠るところが大きいのでどこまでが真実なのかはわからないが、軍記特有の勇ましい描写がとても好ましく登場人物が生き生きと描かれている。
土塁と堀跡 空堀 曲輪跡
土塁 加藤丹波守腹切石 森下城からの眺望
 阿岨城を訪ねてから昼食を取り九十九折れの坂道で断崖を下った。道が大きく折れてから進んだ民家の敷地内に北条氏の攻撃を森下城で迎え撃ち真田昌幸に反撃の時間を稼がせて討死した加藤丹波守が腹を切ったという石がある。森下城を守って討死したのは森下三河守とも伝わるので確かなことはもうわからなくなっている。
 片品川に臨む断崖上に築かれていた森下城はほとんどが崩落してしまい、まるで短冊のように細長くなった主郭とそれを囲む空堀が残る程度となっていた。やや傾いた標柱と破損した案内板が設置されている。おそらくこの年の日本を襲った台風の被害だと思う。県道も城域だったと思われるが、外郭はもうほとんど見る影がなかった。
JR上越線「岩本」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2018/11/26