福島城
 
別 名
所在地 群馬県前橋市河原浜町
築城者 大胡氏
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 元和2年(1616)
現 状 公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 群馬県指定史跡
備 考
評 価
本丸 空堀
近戸郭 虎口 北郭 二の丸 桝形虎口
二の丸 石垣 本丸 虎口 本丸 土塁
本丸 土塁 本丸
 
 はじめて訪れたときは日も暮れたあとだったが、肉眼では土塁や石垣がよくわかった。もう一度見てみたいという思いが強く半年も経ない正月に再訪している。往時の面影を残すのは本丸と二の丸だけだが、その遺構だけで十分に楽しめる城だと思う。本丸の土塁から見る赤城山がとても綺麗だった。二の丸の虎口に石垣が残るが、これは近世の牧野氏時代のものだろう。
 二度の訪問で気に入った城だが前橋から上毛電鉄に乗り換えて行くのは相当な時間を要する。もう一度は見ておきたいと思いつつ10年以上の歳月が流れた。どうしても大胡城を見ておきたい気持ちと上毛電鉄の牧歌的な雰囲気を味わいたくなり再訪した。レトロな大胡駅は昔のままの姿で安心したし、大胡城から眺める赤城山も昔と同じで美しかった。ここでたっぷりと鋭気を養ってから大胡駅へ戻りレンタサイクルを借りて前橋市に残る未訪問の城館へと走り出した。
上毛電鉄「大胡」下車 徒歩15分
2007/08/18・2008/01/14・2018/11/17 日本城郭大系/新人物往来社
群馬の古城/あかぎ出版