福島城
 
別 名
所在地 群馬県伊勢崎市境上武士
築城者
築城年
廃城年
現 状 自然の森公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
自然の森公園
 
 遠目に望む武士城は蛇行する川に突き出した要害という雰囲気を感じさせた。期待が高まったが城の遺構は見られない。郭と切岸ぐらいしか面影は感じられず、土塁や堀などは見当たらなかった。
 成り立ちがわからない城だが文献には登場する。長尾景春の乱で混乱した山内上杉勢は我先に武蔵五十子の陣から撤退した。相当に混乱したようで関東管領の大軍は統率を欠きながら利根川を越えて上州へ撤退している。陣中にいた岩松家純は横瀬の渡しから武士城へ逃れ上杉勢は富塚城と今村城へ撤退した。岩松氏に従軍していた陣僧の松陰が伝令として行き来したが、戻ったときには既に岩松勢は金山城へ撤収を開始し憤懣やるかたない松陰は愚痴を文書として残した。松陰が書き留めた愚痴のおかげで武士城の存在や上杉軍が狼狽しつつ逃げ出した様子が今に伝わっているから歴史は面白い。
東武伊勢崎線「境町」下車 徒歩40分
2010/04/11 伊勢崎市史