別 名
所在地 群馬県前橋市粕川町膳
築城者 善氏
築城年 嘉吉年間(1441〜44)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 群馬県指定史跡
評 価
 善氏は鎌倉幕府の初代問注所執事を務めた三善康信の後裔という。膳城はその居城として嘉吉年間(1441〜44)に築かれた。文明12年(1480)に佐野昌綱の攻撃で落城するが金山城主横瀬氏の援助で善三河守が奪回に成功している。上杉謙信が関東へ出陣すると善宗次は降伏するが元亀3年(1572)に謙信に従い下野小俣城を攻めたときに討死し北条氏の攻撃によって膳城は攻め落とされ善氏滅んだ。その後は上杉氏と北条氏の争奪戦が展開されたが謙信死後は北条氏の家臣河田備前守が城主となった。天正8年(1580)に起きた謙信の後継者を廻る御館の乱で上杉景勝を支持した武田勝頼が膳城を落城させている。この戦いが有名な膳城素肌攻めであり攻囲中の武田軍が休息していると城兵が軽く攻撃を仕掛け、怒った武田軍が脱ぎ捨てていた甲冑も身に着けずもろ肌脱ぎで膳城を攻め落としたという逸話である。
空堀 空堀 二の丸跡
二の丸跡の土塁 空堀と櫓台 本丸跡
本丸跡の標柱 空堀 空堀
 高崎線から上越線に乗り継ぎ上毛電鉄に乗車するのは大変で乗り換えだけで時間を費やしてしまう。上毛電鉄は本数が少ないわけでもなく地方のローカル私鉄とすれば便利なほうだと思う。サイクリングロードを利用する乗客を取り込むために車内への自転車の持ち込みが自由だったり主要駅にはレンタサイクルが置かれていたりと、地方私鉄の生き残りを模索するためにいろいろな試みを模索している点にはとても好感を覚えたし応援しようという気持ちになった。むしろここへ至るまでのJRのほうが不便に感じる。
 上毛電鉄沿線の城は駅から近いのが嬉しい。膳城も膳駅から歩いて10分ほどだった。遺構がよく残るのは主郭と二の郭だけで全体的には耕地化されているが中心部の遺構を見るだけでも楽しく深く掘られた空堀に力強さを感じる城だった。自分が訪れたのは真冬だったので武田軍のようにとても素肌を見せて歩けるような気温ではなかった。
上毛電鉄「膳」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/01/14