福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市高松町
築城者 井伊直政
築城年 慶長2年(1597)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 高崎市役所
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物 櫓・門
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
備 考
評 価
三の丸 土塁と水堀
乾櫓 東門 三の丸 土塁
 
 高崎城には群馬県で唯一の現存櫓が残り移築された城門とともに保存されている。三の丸の土塁と水堀はよく残っているが、ここ以外は何も残されていない。破壊は今も続けられており地下に埋蔵された遺跡や和田城の櫓台が道路建設などで破壊されている。前橋城も同様でこれだけ邪魔にされている城もあまりない。群馬県は内閣総理大臣を多数輩出しているが、政治と土建業界は切っても切り離せない関係なので、高崎城もその犠牲となったのだろう。
JR新幹線・高崎線・信越本線・上越線・八高線・上信電鉄「高崎」下車 徒歩10分
2003/06/27・2008/01/02 日本城郭大系/新人物往来社