別 名
所在地 群馬県太田市寺井町
築城者 新田義重
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 新田乃荘本店
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 上州源氏の棟梁新田義重の居城という寺尾城だが今も場所の特定はされていない。石碑が建つ場所は学術的な裏付けはなく地名も寺尾ではなく寺井である。義重が拠った寺尾城は高崎市寺尾とする説が昔からあるが新田氏の居城が新田郡にないのはおかしい。旧新田町と高崎とではかなり距離に隔たりがあり、結局のところどちらが新田氏の拠点であるのかはわからない。
 新田庄を廻った日の夕刻近くに立ち寄ったのが県道39号線沿いにある料亭だった。駐車場に車を停めさせてもらい立派な石碑を眺めながら往時に思いを馳せるも鎌倉武士たちが駆け抜けた風景を想起するのは難しかった。
 この寺尾城跡には新田乃荘本店という料亭が建っている。店の屋号からして新田氏の本拠地を名乗っているようだった。道路を挟んだ反対側を散策してみたけれども遺構も痕跡すらも見い出せない。義重が兵を募った寺尾城の真相は永遠に闇に包まれたままである。
東武桐生線「治良門橋」下車 徒歩10分
群馬の古城/あかぎ出版・寺尾城跡案内板
2009/09/21