別 名
所在地 群馬県高崎市高松町
築城者 和田義信
築城年 正長元年(1428)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 国道・学芸館高校
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
評 価
 平安時代末期に和田氏が築いたと伝わるが正確な記録としては正長元年(1428)の和田義信による築城ということである。山内上杉氏に仕えていた和田業繁は永禄4年(1561)に関東管領職を継承していた上杉謙信から武田信玄へ寝返った。そのため何度か上杉軍の攻撃を受けたが落城はしていないところをみると相当に堅固な城だったらしい。和田信業のときに北条氏の傘下となり天正18年(1590)の北条氏討伐で前田利家らの大軍に攻囲され落城した。慶長2年(1597)に徳川家康の家臣井伊直政は箕輪城に代わる新たな居城として高崎城を築いたが、そのときに和田城もその外郭に取り込まれている。
 和田城は井伊直政が高崎城を築いたときにその一部として取り込まれたため江戸時代を通じて一部の遺構は残っていた。戦後の開発で高崎城そのものも失われ和田城の遺構も櫓台しか残っていなかった。この土塁はさすがに関東の城だけあって巨大で迫力があった。
 自分が訪ねた頃はまだ土塁が健在で高崎市の文化財指定を受けて保存されていたが、どういうわけか国道17号線の拡幅工事で土塁は削り取られてしまい貴重な文化財は高崎市の手によって永遠に失われることとなった。高崎市が指定した文化財を高崎市が破壊するという意味がわからない行為で貴重な遺構が失われたことは今も理解ができないが、地方都市には不釣り合いなほどの高崎市や前橋市の高層建築群を見ると総理大臣を多数輩出した風土がよくわかる。それだけ土建屋の受発注が多いということなのだろう。
JR上越北陸新幹線・高崎線・信越本線・上越線・八高線・上信電鉄「高崎」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2003/06/27