別 名
所在地 群馬県高崎市倉賀野町
築城者 倉賀野高俊
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 児玉党倉賀野高俊が築いた居館が倉賀野城の成り立ちである。倉賀野氏は関東管領山内上杉氏に仕えていたが天文15年(1546)の河越城の戦いに出陣した倉賀野行政が討死した後は倉賀野尚行を補佐する金井秀景ら倉賀野十六騎が守った。尚行は上杉謙信に従い小田原城攻めに参戦したが永禄4年(1561)以降は武田信玄に度々攻められ永禄8年(1565)に金井秀景の寝返りもあり落城し秀景が倉賀野城主となった。天正10年(1582)に武田勝頼が滅ぶと秀景は織田信長の重臣滝川一益に属したが神流川の戦いで敗れた一益が伊勢へ逃れると北条氏に降る。天正18年(1590)に秀景は小田原城に籠城し敗れ倉賀野城はそのまま廃城となった。
倉賀野神社 堀跡 烏川
 児玉党倉賀野氏の居城だった倉賀野城は宅地化によって見る影もない。烏川に臨む断崖上に築かれた要害も今はのどかな散歩道になっているが幸い倉賀野城は詳細な縄張図があるので図面に従い堀のラインをたどってみた。
 倉賀野城はほとんど痕跡をとどめていない。烏川に面した遊歩道に石碑が建つぐらいである。堀跡は大半が道路になっているが中には用水路として屈曲しながら民家の間を縫うように残っている場所もある。総構のような立派な外郭を持つ城だったが現状は寂しい限りだが立派な石碑と案内板があるのでそれなりに達成感は感じられる。
JR高崎線・八高線「倉賀野」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2003/06/27・2013/03/06