別 名 寺尾上城
所在地 群馬県高崎市乗附町
築城者 乗附氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 南北朝時代に尹良親王を迎えた南朝の拠点のひとつとされるが実際は土豪の乗附氏が戦国時代に築いた城と思われる。
乗附城 西曲輪跡の土塁 三の郭跡の堀切
三の郭跡の堀切 二の郭跡 主郭跡の堀切
主郭跡 堀切 堀切
 高崎市街の南に連なる丘陵にはたくさんの城が築かれていた。そのほとんどを訪ね歩き寺尾三城のうち寺尾中城と下城にあたる山名城は訪問済となった。残るのは寺尾上城にあたる乗附城だけとなったが、少し不便な場所にある乗附城だけは史跡として整備されておらず、ほとんど手つかずの藪だらけの山城と聞いていたが、ひとつだけ残すのも嫌なのでとにかく行こうと思った。
 下調べをしてみると西から行けばほとんど登りもなく楽に行けるらしい。職員宿舎の近くに山へ入る道があるのでそこから乗附城を目指す。簡易舗装された道が続くが倒木だらけで荒れている。途中で舗装はなくなり藪に覆われるが少し我慢すれば視界が開ける。そこから最初の堀切へはすぐに着いた。堀切がしっかり残っていることに好感を覚える。特に主郭の向こう側にある二重堀切が見事だった。想像していたよりもずっと良い城跡であり満足感は高かった。この日は予想以上に早く乗附城をやっつけることができたので午後にかけても多くの城廻りを楽しんでいる。
JR上越北陸新幹線・高崎線・信越本線「高崎」下車 市内循環バス少林山線「乗附」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・高崎市史
2015/01/13