福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市吉井町多比良
築城者 多比良氏
築城年 永禄年間(1558〜69)
廃城年 永禄6年(1563)
現 状 牛伏山展望台
遺 構 郭・石積・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
段郭
遠景 石積 土塁
模擬天守 眺望
 
 埼玉県から群馬県へ出かけるときに上信越自動車道と国道254号線からよく見える山がある。牛伏山と呼ばれる名前の通り牛が横たわるようなどっしりとした山容で、遠目に見てもはっきりとわかる天守が山の東端に見えている。一郷山城は牛伏山の東端に築かれていたが道路建設のため城跡の大部分が狙われたように破壊され主郭も模擬天守の建造で消滅した。昭和40年代までは山城の遺構が完全に残っていたが、破壊を目的とした整備のためにほとんどが失われた。
 何度も近くを通り過ぎているのに一度も登ったことがなかったが、辛うじて破壊を免れた郭が残っているというので4月中旬に訪れてみた。段々に配置された郭がわずかだが残り、土塁と石積が申し訳程度にあった。城としての値打ちは低くなってしまったが景色は抜群だった。雨が上がり青空が広がったため榛名山や赤城山がよく見えたのと平井金山城と高山城が手に取るように見えた。
上信電鉄「吉井」下車 吉井バス「牛伏車庫」行で終点下車 徒歩1時間
2013/04/21 日本城郭大系/新人物往来社
熊出没注意