別 名 上飯塚城・北城
所在地 群馬県高崎市飯塚町
築城者 飯塚氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 常福寺
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 飯塚城は飯塚氏の居城と考えられるが和田城の支城だった可能性も秘めている。それも永禄年間(1558〜70)に築かれた城ではないかという見方がされている。
常福寺 土塁 水堀
 寺尾三城のうちでひとつだけ未訪問だった乗附城を訪ねたのは手がかじかむほどの寒い日だった。友人が乗附城は大変だったと言っていたので少し躊躇していたが下調べを入念にしたおかげで意外と楽に登ることができた。あまりにもあっさりと乗附城を見られたために時間がたっぷりと余ってしまったので高崎市内の城館をいくつか訪ね歩いてみた。
 常福寺と鬼門除けと思われる飯玉神社を中心とする平城だが大部分は市街地と農地となっている。常福寺の北東にかなり長い土塁と堀が残っており自分が訪問したときには発掘調査が行われていた。こうした発掘は破壊を前提とした作業であることが多いので現状がどうなっているか心配ではある。常福寺の北西にも用水路となった堀が残り飯塚城堀跡を示す案内板があったのは意外だった。
JR信越本線「北高崎」下車 徒歩30分
高崎市史・日本城郭大系/新人物往来社
2015/01/13