別 名 鷹ノ巣城
所在地 群馬県高崎市寺尾町
築城者 和田小太郎
築城年 正長元年(1428)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 茶臼山城にはいくつかの伝承が残る。古いものは平安時代の終わりに新田義重が築き南北朝時代には南朝の拠点として使われたという説である。寺尾城の存在については戦前から激しい議論があったが結論が出ないまま現在に至り今ではあまり論じられることもなく半ばなかったことになりつつある。また室町時代に和田小太郎が茶臼山城を築いたという伝えがあるがこれがいちばん正鵠を得ているように思う。戦国時代に上州へ侵攻した武田氏が根小屋城を築いたときに茶臼山城を改修したというのでこれが最終形態だろう。
茶臼山城 南尾根の堀切 二の郭跡
主郭跡の横堀 主郭跡の横堀 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 茶臼山城からの眺望
 この日は高崎市街の南に連なる丘陵を歩いた。暖かいを通り越して暑いと感じるほどの陽気で山道ではたくさんのチョウが舞っていた。倉賀野駅から丘陵へ登るまでにもいくつか城館に立ち寄り丘陵上に残る優れた遺構を残す城跡にも数多く訪れた。これほど充実した城廻りはなかなか体験できないと思うほどだった。
 はじめて来たときは北から登ってしまい道なき斜面を這いつくばって登った。当時はまだ未整備だった茶臼山城は藪だらけで靴底の感触で遺構を探るというような感じだった。再訪したときには綺麗に整備されており城山団地の突き当りから難なく登ることができた。まるでピラミッドを登るような登山道が面白く感じた。それほど大きくない城だが堀切や主郭を廻る横堀などの遺構はとても見事である。
上信電鉄「根小屋」下車 徒歩30分
高崎市史・茶臼山城跡案内板
2008/01/02・2013/03/06