福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市吉井町馬庭
築城者 馬庭氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 馬庭念流道場
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
馬庭念流道場
 
 雨の中を上州へ旅した日の最初に訪れたのが馬庭城だった。馬庭念流道場の立派な長屋門が目印となるので場所はすぐにわかった。道場は二の郭に相当し主郭は道場の南一帯となる。遺構はほとんど見られないが主郭の東に堀跡の段差が認められ、北西隅の櫓台に摩利支天が祀られている。城跡は群馬県指定史跡となっているが城館跡としてではなく江戸時代から続く剣術道場としてのものである。石碑にも案内板にも馬庭城跡のことは一切触れられていない。
上信電鉄「馬庭」下車 徒歩10分
2013/04/21 中世吉井の城館跡/吉井町