別 名
所在地 群馬県高崎市八幡町
築城者 武田信玄
築城年 永禄4年(1561)
廃城年
現 状 一社八幡宮
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 一社八幡宮は平安時代に創建された歴史ある神社であり、源義家や源頼朝から崇敬され鎌倉時代も新田氏と足利氏の源氏一門から崇拝された。戦国時代に武田信玄が八幡宮を本陣としたとする説がある。
土塁 土塁と空堀 土塁と空堀
 武田氏が侵攻を繰り返した群馬県内には他にも武田信玄の陣跡と伝わる場所がいくつかある。ほとんどは臨時的な野戦陣地ということもあって遺構が残っていないことが多いが、一社八幡宮の境内には明確な遺構が残っている。信玄が布陣したということを伝えるような案内板などはなかった。
JR信越本線「群馬八幡」下車 徒歩15分
高崎市史
2013/04/21