福島城
 
別 名
所在地 群馬県館林市羽附旭町
築城者 岩松氏
築城年 享徳3年(1454)
廃城年
現 状 山林
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
水堀
 
 館林城の東に広がる城沼の南東にある東部市営住宅から東北自動車道側へ歩くと川沿いに鬱蒼とした雑木林が残っている。ここが白旗城で山内上杉氏と古河公方足利氏が激しく争った場所という。川の流路は付け替えられているが一部は水堀として利用されていた。城跡にも土塁が残るが、とても入り込めるような状態ではなかった。ゴミがたくさん捨てられて気持ちの良くない城だったが、強烈な樹液の匂いに誘われて近づいてみると昼下がりというのに樹木には無数のカブトムシとクワガタが集まっていた。
東武伊勢崎線「館林」下車 館林観光バス「板倉東洋大前」行で「東部市営住宅入口」下車 徒歩5分
2012/07/31 Webサイト/城逢人