別 名 亀城
所在地 群馬県高崎市下室田町
築城者 長野尚業
築城年 明応年間(1492〜1501)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
評 価
 明応年間(1492〜1501)に箕輪城の長野尚業が支城として築いた。箕輪城も素晴らしい城跡だが鷹留城も甲乙つけがたい見事な城跡だと思う。永禄9年(1566)に高浜砦を攻め落とした武田勢は余勢を駆って鷹留城へ攻めかかった。長野業通は防戦空しく敗れ吾妻方面へ逃走したという。長野氏が滅ぶと箕輪城は武田氏に接収されたが鷹留城も同様に武田氏により改修を受けたと考えられている。
鷹留城 三の丸跡の石積み 三の丸跡の堀切
二の丸跡 二の丸跡の堀切 腰曲輪の土塁
本丸跡と二の丸跡 本丸跡の虎口 本丸跡の虎口
本丸跡 馬出跡の土橋 腰曲輪の土塁
 鷹留城は辺鄙な場所にあるためか意外と訪れている人は少ない。群馬バスは様々な地域を網羅してくれているが路線によっては本数が少ないために往路は良くても帰路が面倒なことが多い。そんなこともあって訪れるつもりもなかったが友人が訪問した画像をSNSで紹介していたのを見てすぐに行きたくなった。高崎駅ではそれほど待つことなくバスに乗ることができた。帰りは予想通り本数が少なく時間を持て余したので里見城などに立ち寄りながら安中駅まで歩いた。けっこうな距離を歩いたが途中にいくつも城館があったので退屈することもなかったのは幸いだった。
 この日の主役に据えた鷹留城はやはり素晴らしい城跡だった。郭も堀切も規模が大きく土橋は見事に残っている。長野氏が築いた城なので箕輪城と似た雰囲気を感じた。武田氏は箕輪城と同じように主郭と二の郭を中心として同心円状に郭を拡張していったと思う。正月にしてはそれほど寒さがきつくなく遺構を見ながら歩いていると汗ばむぐらいだった。誰もいない鷹留城を独占できたことはとても喜ばしい。人の目を気にすることなくじっくりと歩くことができた。できればもう一度見てみたい城である。
JR上越北陸新幹線・高崎線・信越本線「高崎」下車 群馬バス「室田営業所」行で終点下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・戦国武田の城/有峰書店新社
2016/01/06