福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市山名町
築城者 武田信玄
築城年 永禄8年(1565)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 横堀
遠景 横堀 堀切
三の郭 土橋 井戸 二の郭
主郭 桝形虎口 主郭 竪堀
 
 高崎市街の南にあるこの丘陵は好きで何度か訪れている。東から山名城、根小屋城、茶臼山城が連なり道路を隔てて寺尾中城がある。急な登りもなく快適に歩くことができる素晴らしい道が連なる。山名城から茶臼山城までなら半日行程で十分に楽しむことができると思う。城跡だけでなく山上古墳と山上碑といった旧跡も多い。
 根小屋城は武田氏による築城とされている。同心円状の郭配置とそれを守る横堀と竪堀の組み合わせなど、確かに武田氏系の城に見られる特徴を備えている。今まで見てきた城で言うと韮崎市の白山城や静岡市の丸子城と雰囲気が似ている箇所があった。遺構は十分すぎるぐらいよく残っている。はじめて訪れたのは正月2日だったが、来た道を引き返すのが面倒で竪堀から北側斜面へ下りようとしたが、谷筋から下ると砂防ダムに阻まれてしまいとても苦労した。それが教訓となり山城ではできるだけ往路を引き返すようにしている。
上信電鉄「根小屋」下車 徒歩30分
2008/01/02・2013/03/06 日本城郭大系/新人物往来社