福島城
 
別 名 寺尾下城・寺尾前城
所在地 群馬県高崎市山名町
築城者 山名義範
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
備 考
評 価
横堀
遠景 西尾根 堀切 二の郭 横堀
二の郭 主郭 腰郭 虎口
 
 高崎市の南に連なる丘陵にはとても気持ちの良いハイキングコースがある。南北を住宅地に囲まれているので熊の心配がない。それでいて枯葉を踏む自分の足音しかしないぐらいの静寂に包まれている。二度目に訪れたのは3月上旬だったが小春日和で汗ばむような日だった。越冬中のチョウたちが待ちきれずに花の周りを飛び交っていたことを思い出す。山名八幡宮から道標に従えばのんびりとした時間を楽しめる。
 山名城は山名氏によって築かれ南北朝時代は南朝の拠点になったという。戦国時代には武田氏に降った木部氏が改修している。今に見られる遺構は戦国時代末期の山名城の姿ということになるのだろう。おかげで遺構も明確に残されている。山林の中できれいな横堀を見ると嬉しくなるが山名城のそれも見事だった。少し藪がうるさいが山城が好きな苦にならない程度である。この丘陵が好きなのは見事な遺構を残す城が等間隔で連なっていることで、山名城から根小屋城、茶臼山城は一筆書きのように歩けるし、もう少し頑張れば寺尾中城へも行ける。
上信電鉄「高崎商科大学前」下車 徒歩30分
2008/01/02・2013/03/06 高崎市史
日本城郭大系/新人物往来社