福島城
 
別 名 鷹ノ巣城
所在地 群馬県高崎市寺尾町
築城者 和田小太郎
築城年 正長元年(1428)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 横堀
遠景 南尾根 堀切 二の郭
主郭 虎口 主郭 主郭 土塁
 
 伝承では新田義重が築き南北朝時代に南朝の拠点のひとつとなったという。寺尾城の存在については戦前から激しい議論があったが、結論が出ないまま現在に至り今ではあまり論じられることもない。半ばなかったことになりつつある。はっきりしているのは室町時代からだが、武田氏が根小屋城を築いたときに改修を受けたのが茶臼山城の最終形態だろう。
 はじめて来たときは北から登ってしまい道なき斜面を這いつくばって登った。未整備だった城は藪だらけだった。再訪したときは綺麗に整備されており、城山団地の突き当りから難なく登ることができた。それほど大きくない城だが遺構はとても見事である。
上信電鉄「根小屋」下車 徒歩30分
2008/01/02・2013/03/06 高崎市史
茶臼山城跡案内板