別 名
所在地 群馬県太田市大舘町
築城者 大舘家氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 大舘氏は新田政義の次男家氏を祖とする。家氏の次男が新田義貞の鎌倉攻めで先陣を務めた大舘次郎宗氏である。元弘3年(1333)に義貞に従い鎌倉へ攻め込み稲村ヶ崎の海岸伝いに市街へ突入した宗氏は大仏貞直との戦い討死を遂げた。数日後に軍勢を立て直した義貞は宗氏と同じ道をたどり鎌倉の防衛線を突破し北条氏を滅亡に追いやっている。
 古い友人と新田の荘を訪ねたのは薄曇りの秋の日のことだった。狭い間隔で新田氏とその一族の館跡が点在している。その当時の武士たちの距離感が感じられたのは有意義なことだった。陣触れがあればすぐに館を飛び出して頭領の館へ馳せ参じる様子が浮かぶ。
 惜しくも鎌倉幕府の崩壊を見ずに亡くなった宗氏の居館跡は昭和40年代の圃場整備で遺構が失われた。畑の真ん中に小さな祠が祀られ案内板と標柱があるだけだった。秋の気配が色濃くなった畑の中で真っ赤な冠木門が大舘氏の栄枯盛衰を物語っていた。
東武伊勢崎線「太田」下車 太田市営バス「尾島歴史公園」行で「尾島庁舎」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・大舘氏館跡案内板
2009/09/21