福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市下室田町
築城者 上田信善
築城年 天正10年(1582)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 金比羅神社
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭
遠景 二の郭 堀切
二の郭 主郭 堀切
 
 たまらなく鷹留城が見たくなり早朝の高崎駅から群馬バスに乗って旧榛名町へ向かった。1月の群馬の寒さは厳しく厚着をしても冷たい風が体を冷やした。最初に訪れた松山城はバスの停留所から近く、それでいて遺構も素晴らしかった。登りらしい登りもなく存分に遺構を楽しむことができた。南側の斜面に展開する段郭が壮観で巨大な雛飾りのようだった。この城は鷹留城に代わる地域拠点として北条氏が新たに築いた城という。北条氏が滅びるまでの8年間しか使われていない短命な城であった。
JR新幹線・高崎線・信越本線・上越線・八高線・上信電鉄「高崎」下車
群馬バス「室田営業所」行で終点下車 徒歩15分
2016/01/06 日本城郭大系/新人物往来社