福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市下里見町
築城者 里見義俊
築城年 鎌倉時代
廃城年 永禄9年(1566)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
備 考
評 価
主郭 土塁
空堀 虎口 主郭
 
 南総里見八犬伝は読んだことがないし千葉には縁がないので里見氏の城を巡ったこともない。若い頃は週末になると房総の海へ出かけていたが、そのときにライトアップされた館山城を見たぐらいである。房総の戦国大名として勇名を馳せた里見氏は上州を起源とする新田氏の一族であるが、その系図は少し信憑性に欠ける面もあるらしい。
 ここが里見氏の故地であることは間違いなく里見城跡には立派な案内板があった。以前の城は藪に覆われていたが主郭は藪が刈り払われた。周辺の土塁は今も密林のような有り様だが、土塁の規模は立派なものだった。
JR新幹線・高崎線・信越本線・上越線・八高線・上信電鉄「高崎」下車
群馬バス「室田営業所」行で「下里見局」下車 徒歩15分
2016/01/06 日本城郭大系/新人物往来社