別 名 上野陣屋・蔵屋敷
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町上野
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 甘楽町指定史跡
評 価
 上野城の歴史はよくわからないが鎌倉時代に築かれた土豪の屋敷に遡るものとされている。今のような土塁が築かれたのは室町時代の終わり頃だろうと思うが当時の甘楽郡は山内上杉氏の勢力範囲だったことは間違いない。永禄6年(1563)に武田信玄は西上州へ侵攻すると一郷山城と多比良城を攻め落とし多野郡から甘楽郡にかけてを無人の野を行くが如く席巻したが上野城もそのときに攻略されたと思われる。その後の上野城の動向は不明だが江戸時代には城跡に代官深谷喜左衛門が陣屋を構えている。
虎口の土塁 土塁 土塁
 国峰城へ登った帰路に甘楽町から吉井町にかけての城館を訪ねた。上野城は住宅街の真ん中に巨大な土塁を残している。城跡を探してうろうろしているときに街角に忽然とこの土塁が現れたのを見て驚いてしまった。手前の畑は堀跡でその区画がよくわかる。
上信電鉄「上州福島」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社
2012/12/17