別 名 白倉城
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町白倉
築城者 白倉氏
築城年 文明年間(1469〜87)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 麻場城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 甘楽町指定史跡
評 価
 室町時代に白倉氏が築いた城であり居館との距離を考えると麻場城が本城だろう。同じ台地上の東には仁井屋城があり2つの城は相互補完する別城一郭の典型とされる。群馬県の城郭研究の第一人者である山崎一氏の提唱する城の有り方のひとつであるが単純に別の城ではないかと自分は思う。2つで1つの城としなくても無理はないし双方の間に何かしらの遺構が築城遺構があるわけでもない。白倉氏は周辺の土豪の多くがそうしたように上杉謙信に靡き武田信玄が攻め入ればそれに従い最後は北条氏に従っている。天正18年(1590)に白倉重家は小田原城へ加勢し麻場城は弟の重高が守るが前田利家と上杉景勝らの大軍の前に降伏した。
白倉氏館と麻場城 堀切 帯曲輪
主郭跡の空堀 主郭跡の空堀 主郭跡
櫓台 主郭跡の空堀 主郭跡の空堀
二の郭跡の土塁 二の郭跡の土橋 二の郭跡
 麻場城は二度訪れているがとても見応えのある城跡だった。二の郭の土塁は公園整備のときに復元されたものだが主郭の空堀は素晴らしい。実に雄大な規模を誇る遺構で見る者を飽きさせないものだと思う。耕作地にされたときに土塁は削られてしまったのだろうが雄大な空堀だけでも一見の値打ちがある。
 適度な公園整備のおかげでいつも清潔感溢れる感じが好ましい城である。最初は夏の雨が降る中を歩いた。草露が靴に染み込んでしまうほどの天気だったが楽しく散策したことを覚えている。二度目は真冬の曇天だったが夏とは違い草が枯れて遺構の凹凸がはっきりとわかった。主郭を取り囲む空堀を駆け下りたり登ったりと童心に返ったような気持ちで走り回っている。
上信電鉄「上州新屋」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2007/08/18・2012/12/17